3ステップでラクラク完成! 読書感想文の書き方講座!
ステップ1 一番重要なのは、本選び! 本を選ぶ3つのコツ!

 読書感想文を書くのに一番大切なのは「本選び」。親としては名著と言われるある程度定評のある本を読んで欲しくなりますが、読書感想文を書く本としてえらぶなら、重要なコツが3つありますので、ご紹介します。

コツ1

「心が動く本」を

 読書感想文を書く本を選ぶ時に一番大切なことは、なんといっても「お子さんの心が動く」本を選ぶこと。どんな名著であっても「心が動かない本」では、感想を書く熱が入らないどころか、書くこと自体が辛くなってしまいます。「心が動いた」本について書いている作文は1行目から書き手の伝えたい気持ちであふれているので、読み手をぐいぐい引き込む力があります。

コツ2

「すごい!」か、「自分にも似たところがある」本を

 「心が動く本」とは具体的には

(1)「おもしろいなぁ」「すごいなぁ」「不思議だなぁ」と思う本。

(2)「自分にも似たところがあるよ」と共感できる本です。

 感想文では本の印象に残ったところと自分の体験を結びつけて意見を書くことが重要なので、強い感動や疑問、共感できる本を選ぶことができれば読書感想文に苦手意識のあるお子さんでも比較的スラスラと書くことができます。

 

コツ3

「伝記」で書くのもいい

 また、伝記のようにお子さんの「憧れ」を引き出す本もいいですね。憧れを具体的に書くことで、自分自身を表現するオリジナリティのある感想文が書けるのです。

 保護者の方も本屋さんや図書館に一緒に出かけて、帯のコメントや後書きを参考に親子で本を選ぶのもいいですね。

 

お子さま向けHP「ブンブンきっず」では、「あたま図書館」のコーナーで、おすすめの本を紹介しています。本選びの参考になさってください。


ブンブンどりむ式 読書感想文の書き方教えます!