受講者の声

メキメキ応用コースの受講者の声

楽しみながら学べる教材です
保護者イメージ
徳島県YSさん
 

 グルメ新聞を作ったり、広告を考えたり、お話を作ったり…教材の中身が楽しくて娘も夢中で解いています。話しを組み立てたり、文章を理解する力をつけてやりたいと思い、始めましたが、この教材だったら、楽しみながら少しずつ書く力がついてゆくと感じています。中でもお話を作る課題は楽しかったようで、お話の主人公のおばけを、学校の図画工作の授業でも作っていました。

提出課題シート
課題シート

書きたい意欲を刺激してもらっています

 低学年の頃、学校で毎日だされる日記の宿題が苦手でブンブンどりむを始めることになりました。始めて2年、今では作文の宿題もスラスラ書くようになりました。子ども向け新聞のポッチー新聞に優秀作品として名前が載ったことも励みになっているようです。

ポッチー新聞
ポッチー新聞

 

保護者イメージ
大阪府SYさん

コンクールで入賞する力がつきました
保護者イメージ
秋田県IAさん
 

 夏休みあけの読書感想文コンクールで入賞しました。書くことが苦手だとばかり思っていたので、親としても驚いています。テキストで3段落の書き方を学んでいたし、付録の「読書感想文ラクラクブック」もよかったようです。受講した当初は、初めて取り組む課題に、なかなか書くのが大変だったようですが、時間をかけて取り組む楽しさを知ってくれたようです。勉強するときにどうしても落ち着きがなかったのですが、じっくり机に向かう習慣もついてきました。

読書感想文ラクラクBOOK
読書感想文ラクラクブック

ポイントシールがたまるのが楽しいようです

 提出課題を出してポイントシールをためて賞品と交換するシステムが、子どもにとても合っていたようです。最初はポイントシールを励みに取り組んでいましたが、今では書くこと自体が楽しいようです。今まで私に見せなかった課題も、「ママこれどう思う?」と、意見を求めてくるようになりました。意欲がうまく刺激されているのではないかと思います。

 

保護者イメージ
滋賀県YTさん

提出課題が戻ってくるのが楽しみです
保護者イメージ
岐阜県OYさん
 

 赤ペンコーチがたくさんアドバイスしてくれるのが嬉しいと言っています。添削欄いっぱいに書かれているので、親子で声に出して読むようにしています。親では、なかなか気づいてやることのできない子どものいいところをきちんと拾ってくださっています。そのことが子どものやる気をだしているのだなあととても感謝しています。


キャッチコピーを考える課題が良かったです

 キャッチコピーや見出しを考える課題をするようになって、作文の内容が親から見ても面白くなってきました。ただ出来事を順番に書いていくことから、読み手をひきつけるような文章を書けるようになってきたのだと思います。子どもが楽しみながら取り組み続けられるように、考えぬかれて作られたカリキュラムなのだなぁと思います。

 

保護者イメージ
熊本県KAさん

勉強カレンダーを活用しています
保護者イメージ
埼玉県EYさん
 

 教材が届くと、毎月の予定を親子で確認するようにしています。学校や家族の予定をまずカレンダーに書き入れて、「今月はブンブンにどんな風に取り組もうか?」と、子どもに確認して、自分でスケジュールを書きこませています。約束して自分で決めたことなので頑張って取り組んでいます。

読書感想文ラクラクBOOK
カレンダー

名前の由来を取材する教材がよかったです

 名前の由来を家族に聞いて作文を書く課題が親子とも印象に残っています。なかなか名前にこめた意味などは伝える機会がなかったし、親子で話をするよい機会になりました。そのほか、祭りについて調べて書いたり、世界遺産について書く課題に取り組んでからは、テレビで世界遺産のニュースや番組があると興味をもって見るようになりました。書く課題を通して、視野を広げていただいています。

 

保護者イメージ
京都府KSさん