受講者の声

トコトン実践コースの受講者の声

赤ペンコーチの添削で引き上げてもらっています
保護者イメージ
石川県SYさん
 

 記述の多い中高一貫校の受験を目指し、ブンブンどりむの受講を始めました。書くことが苦手な子どもなので大丈夫かな?と思いましたが、赤ペンコーチが添削で、いつもたくさん褒めてくださるので楽しみながら取り組めているようです。添削内容はポイントがおさえてあるので、やる気や自信を失うことなく、毎月課題に取り組んでいます。これからも温かいご指導をお願いしたいです。


記述と時事問題はブンブンどりむでばっちりです

 書く力と時事問題対策という、なかなか勉強のしにくい課題がブンブンどりむではきちんとフォローできてありがたく思っています。時事問題対策の「Newsがわかる」と時事シートで勉強したことがニュースに出てくると、「これって、こいうことだよね」という会話にもなり、様々なことに自分なりの意見をもつきっかけとなりました。

月刊Newsがわかる
月刊NEWSがわかる
時事シート
時事シート

 

保護者イメージ
大阪府RKさん

課題図書は全部読むようにしています
保護者イメージ
長崎県KRさん
 

 課題図書の光村ライブラリーは親子で全部読むようにしています。過去に教科書へ掲載されていた作品が集められているというだけあって読み応えがあります。気に入った作品は続きを図書館で借りて読むなどして、少しずつ読む習慣をつけてくれればと思っています。

課題図書
課題図書

調べ学習をレポートにする課題が役立ちました

 インターネットや図書館で調べ学習をしてレポートを書く課題が、学校で役に立ったようです。しっかり自分の考えを持てるようになって欲しいという思いから、ブンブンどりむを始めました。考えなければ書けない、書けば考えが深まると信じています。ブンブンどりむは、作文を通じて1年間様々なテーマで取り組むカリキュラムなので、たくさんの事を知り、考える機会になってくれたらと願っています。

 

保護者イメージ
東京都WIさん

この1年で作文をマスターしてほしいと思っています
保護者イメージ
千葉県HTさん
 

 塾に通いながら、1年の後半では毎月600~900字前後の作文を2本書く実践コースの課題をこなすのはなかなか骨が折れるようですが、テキストが楽しいのと、赤ペンコーチがめいっぱいほめてくれるのがうれしくて取り組めているのだと思います。小学校のこの時期にブンブンの学習以外では、こんなにきちんと書く力をトレーニングする機会も少ないので、この1年でしっかり力をつけてほしいと思っています。


解答のアドバイスがわかりやすい

 作文や記述の問題では、果たしてこの解答でいいのかわからないことがありますが、ブンブンどりむの解答では、ここまで、こんな風に書けていればいいということがきちんとわかるようになっているのがいいです。問題と解答、コーチの添削を照らし合わせながら、この問題だから解答はこうなるんだねと、確認しながらやっています。

 

保護者イメージ
福井県KHさん

高学年からの受講の不安を赤ペンコーチが吹き飛ばしてくれました
保護者イメージ
島根県TMさん
 

 作文を書くことが苦手な娘だったので、高学年から受講してもついていけるかな?という不安がありました。最初の課題は思ったように書けなくて、なかなか出したがらなかった娘も、返ってきた提出課題シートいっぱいに真っ赤になるほどの添削が書かれているのを読んで、不安が吹き飛んだようです。必ずほめてから、一人ひとりに合った言葉でアドバイスをくださるコーチに感謝です。


努力賞システムが励みに!

 課題を出したり、いい作文だと「努力賞」がもらえるシステムがいいです。子どもが、頑張れば認められるんだという経験をすることができ、作文に自信を少しずつ持てるようになりました。

 

保護者イメージ
香川県KMさん

内容を整理して書く習慣がつきました
保護者イメージ
岐阜県SHさん
 

 他の通信教育の作文教材をやっていましたが、ブンブンどりむに変えました。ブンブンどりむは、テキストで書き方が具体的にわかるのが良いようです。最近では学校の作文でもブンブンどりむ方式で、書く内容を3段階で書き出して自然と書くようになりました。5~600字の作文ならスラスラと書ける力がついてきているようです。一つひとつ丁寧に身に付けていくことが大切だなぁと感じています。