作文力アップのコツ【ゴールデンウィークの思い出を書こう】「ブンブンどりむ」がコツを伝授「さくっと書ける文章教室」

作文力アップのコツ【ゴールデンウィークの思い出を書こう】「ブンブンどりむ」がコツを伝授「さくっと書ける文章教室」

2023年10月から月2回、朝日小学生新聞で「ブンブンどりむ」の連載がスタートしました。
その名も「さくっと書ける文章教室」

作文がうまくなりたい小学生に、作文の通信添削講座「ブンブンどりむ」がコツを教えます。
体験や思い出などを書くとき、取り上げるできごとをしぼって、その場面の様子が目にうかぶようにまとめると、読む人にも伝わりやすくなります。

第16回は「ゴールデンウィークの思い出を書く」がテーマです。

2024年5月16日付の朝日小学生新聞で掲載された記事の中から、エッセンスを取り上げてWEBでも紹介していきます。

絵になる文を作ろう

今回は、ゴールデンウィークの思い出を書くことにチャレンジします。

たくさんある中から、場面をしぼって書くことがポイントです。

場面の様子が目にうかぶように工夫して書いてみましょう。

 

STEP1 絵になるような文を作ろう

あとの【   】から    の言葉を5つ選んで、絵になる文を作ろう。

                      

【 春風の中で ゆっくりと 白い ひらひらと ちょうちょが 黄色い 花に止まった 飛んでいる 】

                      

【 やまのてっぺんに 黒い 雲が 広がっている ふもとに ふわふわの まっ白な のっている 】

 

★場面がうかぶように書けているか、声に出して読んでみよう。

STEP2 ゴールデンウィークの思い出を書こう

ゴールデンウィークの思い出を1つ選び、その中でいちばん書きたい場面を書こう。

(例)

ゴールデンウィークの思い出

【水族館に行ったこと】

いちばん書きたい場面

【イルカショーを見た場面】

 

 イルカが高くジャンプした。ザバーン。つぎのしゅん間、大きな水しぶきが上がった。いちばん前のせきにすわっていたぼくは、頭から水をかぶり、ずぶぬれになった。

「ひゃあ」

と思わずさけんだ。

 

<ここから問題>

自分で体験した中で書きたい場面を選んで、その様子が目にうかぶように作文を書こう。

書きたい場面

【               】

                      

                      

                      

                      

                      

 

★音や様子を表す言葉や会話文を使って書こう。一文を短くすると、生き生きとしたさくぶんになる。

問題の答え

STEP1の答え

(例)

① 春風の中で白いちょうちょがひらひらと飛んでいる。

② 山のてっぺんにふわふわのまっ白な雲がのっている。

ここをチェック

☐ 言葉が5つ選べた

☐ 言葉をうまくつなげて文が作れた

☐ 絵になる文が2つ作れた

STEP2の答え

(例)

【しおひがりをした場面】

 コツン。くまでが何かにあたった。すなの中に丸いかたまりが見えた。アサリだ。わたしは指をつっこんでアサリをつまむと、バケツの中にぽいっと入れた。バケツの中はアサリでいっぱいだ。

「たくさんとれたね」

とお父さんが言った。

ここをチェック

☐ 場面が選べた

☐ 様子を表す言葉や会話文が使えた

☐ 目にうかぶように書けた

おわりに

印象に残った場面にしぼり、目にうかぶように生き生きと描写すると、読み手を引きつける文章を書く力が身につきます。

※2024年5月16日 朝日小学生新聞に掲載の記事から作成

※イラストは「イラストAC みんなのイラスト工房さん」より

小学生向け通信教育講座「ブンブンどりむ」

どりむ社(ブンブンどりむ)

SEARCH

CATEGORY

GROUP