夏休みこそ読書を楽しもう

読書は「体験」

体験は人格形成に影響します。辛く悲しい体験も、それがあったからこそ人の気持ちがわかるようになったり、それを乗り越えたことで強さや自信になったりします。自分一人の体験には限界がありますが、読書することで何十人、何百人もの人生を体験することができます。読書によって人生観、人間観を深め、想像力を豊かにし、人格を大きくしていくことができるのです。

本を読むことで、言葉にできなかった自分の体験の意味に気づくことができます。そして、実際の体験を何十倍にも生かすことができるようになるのです。

新しい本との出合い方

読書の習慣がない人が「これだ!」と思える本を選ぶのはなかなか難しいことです。では、どのようにして選べばよいのでしょうか。

・ベストセラーや話題になった本を読む

・本屋に行ってたまたま出合った本を読む

・人にすすめられた本を読む

読んでみたら好みでなかった、わかりにくかったなど、「はずれだった」と思うこともあるかもしれません。でもそれでいいのです。その1冊がきっかけとなって、別の本につながるかもしれません。知識の大海原へ漕ぎだす最初の一かきかもしれないのです。

本を読むのに才能はいらない

本を読むのには才能は必要ありません。本来だれもが知的好奇心を持っています。子どもはみんな本が好きです。それが成長とともに本から離れてしまっているだけで、ポテンシャルは持っています。

一度読書の習慣がつけば、どんどんラクに本が読めるようになります。そして思考も知識も人格も深めていくことができるのです。

 

いかがでしたか。

今年の夏休みは読書を楽しみましょう。

 

※イラストは「イラストAC 白いねこねこさん」より

小学生向け通信教育講座「ブンブンどりむ」

ブンブンどりむ編集部

SEARCH

CATEGORY

GROUP